知能シリーズAI SERIES

開発コンセプトは
「10年先の洗浄品質を提供する」

様々な工業用製品・部品は日進月歩の技術革新が目覚しく、その製造工程の中で、より高品質かつ信頼性向上の為に、洗浄工程が担う役割の重要性が増してきております。
洗浄精度の問題点は、どのような洗浄システムを用いても「外観シミ」「脱脂不良」「コンタミ残り」が全体の8割以上を占めております。
この問題を解決する方法はヒューマンスキルに委ねられており、スキルの差が洗浄精度の差となっています。ここでいうスキルとは「洗浄液の管理」「洗浄機の保守メンテナンス」です。
その一部を洗浄機側で管理できれば、品質の向上と安定に貢献できると考え「洗浄機が考えて判断する=知能を持てばよい」と結論付けました。

洗浄不良の低減、稼動効率の向上

洗浄不良の内容
洗浄不良の原因

液管理不良は洗浄槽液・蒸留再生液の液管理不良によって引き起こされます。
そのため毎日の洗浄槽液・蒸留再生液の油分濃度管理をすることで、洗浄不良が大幅に減少します。

※知能シリーズはオプション仕様となります。既存の洗浄機に後付けすることも可能です。

世界初 炭化水素系洗浄機の油分測定に油分濃度計測システム AIS-ROM

炭化水素溶剤中の油分濃度をインラインで計測し、
リアルタイム表示を可能とした世界初の油分濃度計測システム。

シミの原因となる油分濃度上昇を監視し、蒸留再生器の自動煮詰めや、洗浄サイクルの調整(時間延長や待機など)をする事で洗浄品質、液管理を自動で行う装置です。

1洗浄槽の油分濃度ppmをリアルタイムで表示

2バスケット単位でトレサビリティが可能

バスケット
NO
洗浄開始時間 油分濃度ppm
WT2 WT3 WT4 再生
1 9:00〜 408 155 151 151
2 9:05〜 408 160 153 152
3 9:10〜 694 166 154 152
4 9:15〜 694 177 160 152
5 9:20〜 861 181 158 153
6 9:25〜 1550 181 159 154

3槽油分濃度の時間変化をグラフで表示

4油分濃度上昇を防ぐため、再生器煮詰め排液工程を自動で判断

5最適洗浄時間の計測が可能

AIS-ROMⅡ※洗浄機自動制御仕様

インライン油分濃度計測技術を市販化
連動制御を想定したハイスペックモデル

特長

  • 洗浄機との連動制御が可能
  • 複数の洗浄液(洗浄槽)を計測/グラフ表示が可能
  • 自動煮詰機能やワーク投入制御機能、洗浄時間調整機能など
    洗浄品質/液管理の自動化が可能

測定対象

パラフィン、イソパラフィンなどの、炭化水素系洗浄剤に溶解している鉱物油系加工油の油分濃度を測定することが可能。
芳香族系炭化水素は測定対応不可。

洗浄剤例

JX製 NS100/110/200、出光興産製ダフニーアルファクリーナーM、エクソンモービル:アクトレル3356Lなど

測定範囲

[ 切削油 ] 約50ppm~2,500ppm程度
[ プレス・打ち抜き油 ] 約30ppm~1,500ppm程度

装置サイズ

W550×D510×H1,400(約90kg)

AIS-ROMⅢ& AIS-ROMⅢ-W

量産での工程管理に重点を置いた
ベーシックモデル

特長

  • 特定槽の洗浄液だけを測定
  • 油性加工油(ROMⅢ)、水溶性加工油(ROMⅢ-W)にも対応
  • 他社製洗浄機にも追加取付可能

測定対象

  • [ 鉱物性系加工油 ] ROMⅢ(※上記 ROMⅡと同じ)
  • [ 水溶性クーラント ] ROMⅢ-W 水や水溶性炭化水素に溶解している水溶性加工油の油分濃度測定することが可能

洗浄剤例

  • [ 油性 ] ROMⅢ(※上記 ROMⅡと同じ)
  • [ 水溶性 ] ROMⅢ-W クラレ製:ファイントップ S110、
    ヘンケル製:ラフィニット P、ACTFIVE :ACT5031 など

測定範囲

[ 油性 ] ROMⅢ(※上記 ROMⅡと同じ)
[ 水溶性 ] ROMⅢ-W添加剤/乳化濃度に変動
約120ppm~60,000ppm 程度

装置サイズ

W275×D410×H405(約20kg)

ROMⅢの主な活用方法

世界初 おまかせ液管理 知能シリーズ【知能洗浄LPC(粒子)】AI Clean LPC

インライン型パーティクルモニター

インライン式パーティクル計測システム

従来は、個別にサンプリングを行い、オフラインで分析にかけるという方法が一般的でした。
アクトファイブは従来のLPCセンサーを改良し、洗浄装置組込型を開発。
インラインで、洗浄槽内のコンタミを直接計測する事を可能にしました。

独自技術

  • 洗浄時の洗浄液中に拡散するパーティクル(4μ/6μ/14μ/21μ)の状態 をリアルタイムで監視/管理が可能。
  • 規定の清浄度を超えた場合洗浄サイクルを停止する、もしくは待機する調整を行う濾過装置の異常や、コンタミ持込量の変動に対しても、一定の品質で洗浄が可能。
  • バスケット単位(洗浄ロット)でデータを保存することで、過去の履歴から変化点を容易に確認することが可能。
  • 弊社洗浄機/他社洗浄機にも後付可能。 取付可否については個別対応。

メンテナンス作業の軽減

洗浄槽に浮遊するゴミの数カーブを解析し、洗浄槽ゴミの数を監視。常に清浄な洗浄液で洗浄できるよう待機・コントロール。

省エネ・低コスト

洗浄槽内を必要以上に綺麗に保つ過剰稼働を抑え、管理値以内の清浄度を確認後、自動待機モードに入る。

世界初 おまかせ乾燥モニター 知能シリーズ【知能乾燥】AI Dry

乾燥工程の完全自動化システム

多品種の製造現場では頻繁な設定変更が煩雑なため、最長の乾燥時間を要するワークに合わせた設定値に固定しているのが実状。「知能乾燥」は槽内の温度と真空度の変化を自動で解析。
ワークに応じたそれぞれの最短時間で、乾燥工程を完了する事が可能です。

稼働効率の向上

〈多種類のワークを洗浄する場合の乾燥所要時間の例〉

従来のシステム

[Aの乾燥] 8分 + [Bの乾燥] 8分 + [Cの乾燥] 8分 24分(8分×3)

  • 1番長い時間に合わせて一定のタイマー設定時間で稼働

知能シリーズ
【知能乾燥】AI Dry

[Aの乾燥] 5分 + [Bの乾燥] 8分 + [Cの乾燥] 3分16分

  • 各々のワークの最適条件を自動で検知し最短時間で処理!
  • タイマー設定不要!

乾燥しやすいもの、シミ食い物をランダムに洗浄する場合、飛躍的に効率が上がります。

独自技術

  • ワーク数量や形状の違いによる必要な時間を自動で解析し最短所要時間を算出。
  • 規定の温度/真空度に到達しない場合は「乾燥不良」と判断し、アラーム通知と自動排出乾燥不良品の流出を防ぐ事が可能。
  • バルブやシーリング等の劣化を診断する自己診断機能も搭載設備能力の劣化を常に監視して予防保全。

乾燥不良の解消

乾燥判定アラーム機能により、乾燥工程を自動コントロール。乾燥不良を出しません。

メンテナンス作業の軽減

洗浄機が正常に稼働していない場合は、その原因及び異常個所を機械が知らせます。
真空の漏れやバルブの劣化も自己判断するので、日常のメンテナンス作業が軽減されます。

省エネ・低コスト

稼働効率の向上により、洗浄液やエネルギーの節約ができ、ランニングコストの低減を実現。

生産現場に合せた設定モード

タイマー優先設定モード
タイマーで設定された時間で乾燥工程実施。パラメータを監視して合否判断を行い記録保存します。
知能乾燥優先設定モード
洗浄ロットごとに最短時間での乾燥工程を行います。実際にかかった工程時間などは記録保存されます。

お問い合わせCONTACT

お電話でのお問い合わせ

075-611-5538営業時間:9:00〜18:00(土・日・祝日を除く)

メールフォームでのお問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

お問い合わせCONTACT

工業用洗浄機の導入やメンテナンスをご検討の方、その他ご質問などお気軽にご相談ください。

お電話でお問い合わせの方

075-611-5538受付:平日9:00〜18:00

メールでお問い合わせの方
お問い合わせフォーム